必要保障金額を決める目安

どんな人が掛け捨て保険に向くのでしょう。一言でいうと、これから新しく生命保険に加入しようとされている方は掛け捨て保険が有利なことが多いようです。日本人は、物にはお金を払っても、サービスや保険にはあまりお金を使いたがらないものです。

とくに生命保険のように年間で約67万円、30年で2000 万円のものを保険として支払うことには抵抗があるのでしょう。しかし、私はこんなときだからこそ、「掛け捨て保険の有利さ」に気づいて頂きたいと思うのです。掛け捨て保険は、払った保険は掛け捨てが原則です。

しかし、その分少ない保険料で大きな保障を確保できるのです。また、貯蓄型の保険に加入していたとしても、実際には、払った保険料は、預貯金運用部分と掛け捨て的な保険部分に分けられていて、支払った保険料の全てが預貯金として運用されているわけではありません。

貯蓄型の保険は、保険会社に20年、30年といった長期間に渡って預貯金をしているようなものです。しかし、日産生命や東邦生命の破綻がしめすように、今後、他にも生命保険会社のなかには経営破綻の危機を迎えるところもあるでしょう。

いや、今は健全な会社であったとしても、今後20年、30年といった長期のうちには、経営状態が悪化してくる生命保険会社も出てくるかもしれません。つまり、貯蓄型保険に加入するならば、そうした将来に渡っての会社の健全性までも見越して入るのが理想的なわけです。

しかしながら、現状の経営状況もきちんと明らかにされていない現状です。ですから、貯蓄型保険の選択は大変難しいと言わざるを得ません

しかし、掛け捨て型保険であれば、どちらかというと会社の長期的な経営状態にまで気を使う必要も少ないのです。掛け捨て保険は支払った保険料が戻ってこないというもどかしさはあるかもしれません。ただ保険料が安くなった部分は、銀行などの預貯金に回すことができるのです。わたしは、保険会社は銀行ではないと思います。

保険会社とは万が一の時の保障だけを購入する「掛け捨て保険」を中心に保険と付き合っていかれることをおすすめしたいと思います。しかし、このようなリスクを考えても、すでに生命保険に加入し、貯蓄型の生命保険( 終身保険、養老保険、個人年金保険など) の保険料を払い続けてきた人まで掛け捨て保険が得だとはいえません。

必要な保険金を考えるときにも、こうした時間的価値を考える必要があることを申し上げたいのです。それから、最後に付け加えますが、先ほど例に出した妻は40年間で9000 万円必要で、そのためには4413 万円あれば、預金が利息を生んで9000 万円にしてくれる、と説明を進めてきましたが、実は4413 万円も要らないのです。

保険相談 おすすめな点はFPに家計を総合的に相談できるところです。

なぜなら、あとで説明しますが、日本では公的な社会保険制度が比較的充実しているので、例えば妻は夫が亡くなったあと、毎年遺族年金がもらえる可能性が高いのです。

こうした制度からのお金も考えると必要な保険金額はさらに少なくなります。本当に必要な保険金額について考えるときに考慮しなくてはいけないことはたくさんあります。それについては、後で詳しく説明します。こうしたことも考えながら、あなたに必要な保険金を考えてみましょう。



生命保険の特約か、医療保険で加入するか。

特約で加入する医療特約は保険金も安くてオトクだという人がいます。本当にそうなのでしょうか。別表を見てください。医療保険の中核をなす保障は、入院日数に応じて支払われる入院給付金、これが生命保険の特約と医療保険で入った場合の入院給付金の差をしめした表です。

会社によって異なるのですが、おおよそ見ていただくとわかるように、「ケガ」で入院した場合と「病気」で入院した場合では扱いがことなります( 入院給付金は1日5000 円とする)。まず「ケガ」で入院した場合を見てみましょう。

「医療特約」で入院していた場合は、支払いの対象は5 日以上、継続して入院することが条件となります。そして、5日以上入院した場合に5 日目から支給されるわけです。1日5000 円の入院給付金がでる医療特約に入っていた場合で10日間入院した場合は、支払われるのは5万円ではなくて3万円です。

なぜなら、最初の4 日分は支払われないからです。これに対して「医療保険」で入院した場合は、実は同じように5 日以上入院しなくてはいけないのですが、5 日以上入院すると1 日目から支払われるのです。ですから、もし10日間入院したとすると、5万円もらえるわけです。また、医療保険は「通算で5日以上」となっています。ここで注目したいのは、特約のときの「継続5日」ではなく「通算5 日」という表現です。

これは、例えば同じことを要因とするものであれば、一度退院してもいい場合と、一日目から数え直さなければならない場合とがあるということなのです。次に病気で入院した場合はどうでしょう。「医療特約」であった場合は、5日以上継続して入院した場合に5 日目からもらえる、となっています。つまり、10日間入院した場合は5 日目から10日目までの6 日分となります。

したがってケガの時と同じく3万円もらえるということになります。「医療保険」でカバーされる場合は、継続して8日間以上入院した場合に1 日目からもらえるとなっています。ですから、5万円もらえることになるのです。こう書いてしまうと、「医療保険」の方が「医療特約」より安心だと思いがちです。

しかし、病気で7 日間入院した場合はどうでしょう。「特約」の場合は5日以上の条件を満たしていますから、5日目から7日目まで3日間分の1万5000円か支給されます。一方「医療保険」の場合は8 日以上継続入院という条件がありましたから、1 円も支給されないわけです( ただし、1987 年3 月末までに契約した場合の疾病入院特約の場合は『TJAなら同年9 月末』20日以上入院の場合1 日目から支給されるというものでした)。また、最近は医療保険でも5日以上の入院で5日目から支払いというタイプのものも発売されています。入る前に注意したいものです。



JAの生命保険は品揃えか充実している

農業協同組合の共済も全労済の共済も、どちらも「一人ではできない幸せ
づくりを共同の力で実現させる」をモットーに誕生した。
生命保険は民間生保や郵便局の簡保だけではありません。JA(農業協同組合)や全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)も生命保険商品を扱っています。ここではJAと全労済の保険商品について見てみましょう。

JAや全労済の生命保険は生命共済と呼ばれ、生命保険だけでなく損害保険(損害共済)も取り扱っています。この二つをまとめて共済事業(保険事業)と呼んでいます。まず、JA共済(農協の共済)です。そもそもJA共済は、農林水産省の監督下で農業者が集まって設立したTJA(農業協同組合)が取り扱っており、数々の共済団体のなかで、もっとも実績があり、かつ商品の種類も豊富です。

養老保険、終身保険、年金定期保険など、民間生保と同じ種類が揃っていますし、なかでも主力商品として貯蓄性の高い養老保険の「養老生命共済」や一生涯死亡保障が続く「終身喜びライフ」といつた商品が販売されています。

保障限度額は一億円です。ちなみにJAの生命共済では、平成四年三月末の保有契約高は一ニ〇兆円を超えました。民間生保の最大手、日本生命の平成四年三月末の保有契約高が三八一兆円ですから、JAの生命共済はなかなか健闘しているといえます。

健康診断、人間ドックなど生命共済以外の活動も盛んまた、JAでは、共済だけを取り扱っているわけではありません。地域に根ざした活動として、健康診断や人間ドツクなども行なっています。これはJA共済に加入している人は、一般の人に比べて優先的に利用できます。

また、静岡県中伊豆と大分県別府の二ヵ所に社会福祉法人のリハビリセッターを設け、医学的リハビリから職能訓練、社会適応訓練まで一貫した治療を行なって、重度身体傷害者の社会復帰の手助けをしています。この設備はJA共済に加入していなくても利用できます。

もし、利用を考えるならリハビリセッターのある地域のJAに問い合わせてみてください。JA生命共済は、本来晨業者のための生命保険ですが、一般の人々の加入も可能です。農業者以外の人が加入する場合には、JAに出資金(金額は数千円から数万円まで、各JAごとに異なります)を支払えば、準組合員になれます。



定期保険と終身保険の違いって何?

定期保険は一定の期間の間に不幸なことが起きた場合のみに保険金が支払われます。ですから支払われないことも多いわけです。保険料( 掛け金) を支払っても一円もお金が戻ってこないこともあるわけです。こうしたことから掛け捨てといわれるわけです。こう聞くと掛け捨ては、貯蓄性のある終身保険と比べると損な感じもしますが、一概には言えません。さて、この保険商品「定期付き終身保険」をきちんと説明すると、「定期保険」特約付き「終身保険」のこととなります。

たとえば、500 万円の終身保険と4500 万円の定期保険が一緒になったものがその典型的な例です。ここで特約という言葉が気になりますが、これは後で説明します。保険のセールスレディが、20倍型とか30倍型の大型保障タイプといって販売するものなのですが、べつに20倍、30倍も得な保険というわけではありません。たとえば、20倍保障というのは、終身保険の保険金額に対して、定期保険特約部分と合わせると20倍( つまり、掛け捨ての定期保険部分の金額が、終身保険に対して19倍あるということ) になるということなのです。

この保険は図にもあるように、一生涯いつまでも死ぬときまで保険として、いつ死んでも保険金を支払ってくれる貯蓄性の高い「終身保険」と、ある一定の日が来たら、それ以降は原則として1円も支払ってくれない掛け捨て保険の「定期保険」がドッキングしたものなのです。一般の人が驚いてしまうのは、この差がとても激しいからです。例えば60 才の誕生日前までは、5000 万円の死亡保険金を支払ってくれるものが、誕生日以降は250 万円しか払ってくれない。つまり1/20しかもらえないといった保険となっているからです。

一日を境に5000 万円が250 万円になってしまうのです。「それなら、全部貯蓄性の高い終身保険で5000 万円加入すればよかった、したかった」と多くの人がいいます。なるほど、それならば、いつ死んでも5000 万円の保険金がもらえます。しかし、現実的には、毎月の掛け金がとても高くなって払いきれるものではありません。



保険マンモスで、保険について分からないことを聞いてみた。

保険の知識は、シロウトには分かりにくい点があります。知らない用語があったり、複雑な仕組みだったりするせいです。

子どもが生まれたのをきっかけに、保険のことを真剣に考えるようになり、最近テレビCMでみかけた、みつばち保険に行ってみました。

保険といってもどうやって、安い保険を見分ければいいのか。
保険料はまとめて払うと割安になるということを聞いたことがあります。

終身保険の払い込み方法には、生存している限り払いつづける「終身払い」と、ある年齢までに支払いを完了させる「有期払い」があります。有期払いは、払い込む期間を20年満了、30年満了といったように年数で決める方法と、年齢で決める方法があります。たとえば、60歳で払い込みが満了になることを「60歳払済」と表現します。

終身払いと有期払いを比べると、有期払いは払い込み期間が短いほど月々の保険料は高くなりますが、保険料払込総額で見ると、短期間で支払いを終えてしまうほうが安くなります。

また、有期払いは毎回の保険料×支払回数を計算すれば、払込総額があらかじめわかりますが、終身払いの場合、何歳まで生きるかは決まっていませんから、払込総額は長生きするほど増えていきます。終身払いも有期払いも、保障が生涯つづく点は同じです。ただし、毎月の保険料を抑えるかわりに老後も払いつづけるのか、それとも年金生活に入ってからの支払い負担をなくすのかは、しっかりと検討しておくべきです。

保険料の払い込み方法は、いくつかの方法があります。月払い、半年払い、年払いは文字通り、ひと月ごと、半年ごと、1 年ごとに支払うタイプです。まとめて払うほど保険料は安くなるのでうまく活用したいものです。

これ以外の払い込み方法には、契約時に保険期間すべての保険料を払い込む一時払い、契約時にある程度の期間分をまとめて払い、残り分を月々支払っていく頭金払い、ボーナス時に通常月より多くの保険料を支払うボーナス併用払いなどがあります。

なお、2010年4月以降に契約した保険を半年払い、年払いにしている場合、払い込み後に解約をしたり、保険料払い込みが免除されたときは、解約・免除の翌日以降、最初にくる月ごとの契約応当日から先の未経過分保険料は返還されます。しかし、月払い、一時払いの保険料、頭金払いの頭金は、解約しても返還されないので注意してください。

さらに前記の払い込み方法のほかに、前納払いという方法があります。前納とは半年払い、または年払いの保険料の数回分をまとめて前納金として、保険会社に預ける方法です。保険会社では預けられたお金を、払い込み期日ごとに保険料として充当していきます。

前納払いの契約を途中で解約した場合、払い込み期月を迎えていない分は、解約返戻金とは別に返還されます。また、前納はふつうの半年払い、年払いと同様に、保険会社が充当済みとした保険料のうち、解約翌日以降の未経過の月分も返還されます。