生命保険の特約か、医療保険で加入するか。

特約で加入する医療特約は保険金も安くてオトクだという人がいます。本当にそうなのでしょうか。別表を見てください。医療保険の中核をなす保障は、入院日数に応じて支払われる入院給付金、これが生命保険の特約と医療保険で入った場合の入院給付金の差をしめした表です。

会社によって異なるのですが、おおよそ見ていただくとわかるように、「ケガ」で入院した場合と「病気」で入院した場合では扱いがことなります( 入院給付金は1日5000 円とする)。まず「ケガ」で入院した場合を見てみましょう。

「医療特約」で入院していた場合は、支払いの対象は5 日以上、継続して入院することが条件となります。そして、5日以上入院した場合に5 日目から支給されるわけです。1日5000 円の入院給付金がでる医療特約に入っていた場合で10日間入院した場合は、支払われるのは5万円ではなくて3万円です。

なぜなら、最初の4 日分は支払われないからです。これに対して「医療保険」で入院した場合は、実は同じように5 日以上入院しなくてはいけないのですが、5 日以上入院すると1 日目から支払われるのです。ですから、もし10日間入院したとすると、5万円もらえるわけです。また、医療保険は「通算で5日以上」となっています。ここで注目したいのは、特約のときの「継続5日」ではなく「通算5 日」という表現です。

これは、例えば同じことを要因とするものであれば、一度退院してもいい場合と、一日目から数え直さなければならない場合とがあるということなのです。次に病気で入院した場合はどうでしょう。「医療特約」であった場合は、5日以上継続して入院した場合に5 日目からもらえる、となっています。つまり、10日間入院した場合は5 日目から10日目までの6 日分となります。

したがってケガの時と同じく3万円もらえるということになります。「医療保険」でカバーされる場合は、継続して8日間以上入院した場合に1 日目からもらえるとなっています。ですから、5万円もらえることになるのです。こう書いてしまうと、「医療保険」の方が「医療特約」より安心だと思いがちです。

しかし、病気で7 日間入院した場合はどうでしょう。「特約」の場合は5日以上の条件を満たしていますから、5日目から7日目まで3日間分の1万5000円か支給されます。一方「医療保険」の場合は8 日以上継続入院という条件がありましたから、1 円も支給されないわけです( ただし、1987 年3 月末までに契約した場合の疾病入院特約の場合は『TJAなら同年9 月末』20日以上入院の場合1 日目から支給されるというものでした)。また、最近は医療保険でも5日以上の入院で5日目から支払いというタイプのものも発売されています。入る前に注意したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment

You may use these tags : <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>